人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

29年度事業概要公表

tweet
2017/04/05掲載(網走管内/社会)

網走開発建設部

道路、治水など総額270億円余り
災害に強く、戦略的産業振興を支える基盤整備めざす

網走開発建設部の29年度事業概要が公表された。道路、治水、農業農村整備、港湾整備などを合わせた事業費総額は270億円余りとなった。昨夏の災害被害を背景に災害に強く、戦略的産業振興を支える基盤整備をめざす、としている。

 治水事業は洪水対策として網走川、常呂川、湧別川、渚滑川の管内4河川の河道の掘削や堤防の天端保護のための舗装などに力を入れる。網走川は老朽化や塩害により機能が低下している特殊堤コンクリート矢板の補修、常呂川は台風被害にかかわる「北海道緊急治水対策プロジェクト」に基づく河道掘削を行う。

 道路事業は広域交通ネットワーク形成に資する十勝オホーツク自動車道(足寄~北見)と旭川・紋別自動車道丸瀬布遠軽道路の整備に重点を置く。このほか、交通安全対策や道路施設の老朽化対策、暴風雪災害や救急救命活動に資する道路の防災対策を推進する。

 港湾整備事業は網走港新港地区の南防波堤整備、紋別港港町地区の水深4メートル西物揚場の改修などを行う。 (澄)