人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

中学教諭が無免許運転で逮捕

tweet
2017/04/21掲載(北見市/社会)

北見市

免許取り消しの報告義務怠り
学校側も免許証の確認に不備
1年8カ月放置される

北見警察署は18日、道交法違反(無免許運転)の疑いで市内中学校の男性教諭(40)を逮捕した。これを受けて市教委は19日に会見を開き、志賀亮司教育長が「生徒、保護者、市民の信頼を著しく裏切るもので、深くお詫び申し上げる。再発防止に向けて全力で取り組む」と陳謝。男性教諭は平成27年8月の免許取消処分から約1年8カ月間、無免許運転を続けており、学校が内規で定めている運転免許証の確認に不備があったことも明らかになった。

 男性教諭は17日午前、私用で市端野の道道を運転中、警察の職務質問を受けた際に車を離れて逃走。民地に逃げ込んだところを住居侵入の疑いで逮捕され、その後の取り調べで無免許運転が発覚した。

 男性教諭は免許取り消し処分について、学校への報告義務を果たさずに車で通勤し続けていた。学校側は免許証の現物確認を怠り、口頭による報告だけで済ませていたため、無免許運転が放置された。

 19日の臨時校長会議では、4月中に市内全教職員の運転免許証の原本確認を申し合わせた。市教委は今後の免許証確認方法についても検討する。 (柏)