人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ザ・ゴールデンウイーク

tweet
2017/05/08掲載(北見市/社会)

好天、各地に歓声

北見市などで真夏日を記録した4日、行楽地や公園は多くの家族連れなどでにぎわった。きたみファミリーランドは、今期の最多となる約4700人が来園。大型連休の目玉事業のヒーローショーが始まる時間には、同園に向かう道路が渋滞するほどの盛況ぶりとなった。

ヒーローショーで大盛況のきたみファミリーランド

ヒーローショーで大盛況のきたみファミリーランド

きたみファミリーランド
4700人が来園、4キロ渋滞も
ヒーローショーで大盛況

きたみファミリーランドではこの日、午前11時からと午後1時半から「宇宙戦隊キュウレンジャー」のヒーローショーがあり、釧路方面や旭川方面など市外からも多くの家族連れなどが訪れた。

 午前10時過ぎには北見市川東から同園に向かう道路約4キロが渋滞し、午前11時からのショーに間に合わせるため運転手を残して歩く家族の姿もあった。

 園内ではジェットコースターやゴーカートなどの遊具に行列ができ、ヒーローショーは2ステージとも大盛況に。夏を思わせる暑さをしのぐため、園内の水路で水しぶきを上げてはしゃぐ子ども達もいて、歓声が響いていた。    (匡)


北見フラワーパラダイス
桜とコブシ見ごろ、モクレン開き出す
北見フラワーパラダイスは3日からの陽気で一気に開花が進み、桜やコブシが見ごろに。4日は700人以上が来園し、弁当を広げて花見を楽しむ市民らでにぎわった。

 昨年は開園日の4月29日に雪に見舞われ、大型連休中の入り込みが大幅に落ち込んだが、今年は出足から好調。開花状況の問い合わせもひっきりなしで、7日まで入り込みが期待できるという。

 すでにモクレンのつぼみも開き出しており、職員は「花を楽しみたい人にとって、今は最高ですよ」と来園を呼び掛けている。 (匡)


北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館
4日は来館400人超「この10年で初めて」
北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館は3日から5日までイベント「ハッカ三昧」を開催。先着で来館者にハッカの種や苗をプレゼントし、4日は来館者が400人を超えた。

 「1日の来館者が400人を超えるのは、この10年で初めてです」と阿部勝義館長。暑さの中、蒸留実演で館内に漂うハッカの香りの清涼感が喜ばれた。

 来館者の多くは釧路方面や旭川方面など市外からの観光客で、ファミリーランドなど市内の他施設との相乗効果が追い風になったとみられる。  (匡)


北見の小公園
噴水に涼を求め…水しぶきと戯れる
小公園では、親子連れらが稼動し始めたばかりの噴水に涼を求めてにぎわった。

 噴水は4月29日から稼働。園内ではコブシの花が満開となり、春本番ムード。子ども達がキャッキャと声をあげ、水しぶきと戯れていた。

 噴水の稼働は8月27日までの午前10時~午後5時。6月30日~8月20日はライトアップされる。   (理)


北見の野付牛公園、貸ボートが人気

野付牛公園では、連休中の陽気で桜が開花。市民らがボートに乗って、ほんのりピンク色に色づいた景色を楽しんでいた。

 ボートは手漕(こ)ぎが4艘(そう)、足漕ぎが4艘あり、午前中からフル稼働。待ち時間が出るほどの盛況ぶりだった。このほか、園内では焼き肉や散歩をして楽しむ人々の姿が見られた。

 貸ボートの営業は11月3日までで、時間は午前9時~午後4時半。料金は30分150円。     (理)

 

水路で遊ぶ子ども達(きたみファミリーランド)

水路で遊ぶ子ども達(きたみファミリーランド)

桜やコブシが見ごろの北見フラワーパラダイス

桜やコブシが見ごろの北見フラワーパラダイス

北見の小公園では噴水に涼を求める親子連れも

北見の小公園では噴水に涼を求める親子連れも

貸ボートが人気だった北見の野付牛公園

貸ボートが人気だった北見の野付牛公園