人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

寒冷地の外国人は熱中症になりやすい

tweet
2017/07/28掲載(その他/社会)

北見工業大学などの研究で

日本の夏

寒い地域から日本を訪れた外国人は熱中症になりやすい-という研究結果が24日、公表された。北見工業大学、名古屋工業大学、東北大学サイバーサイエンスセンター、日本気象協会がまとめた。

 それによると、寒冷な国に住む人は汗腺の数が少ないため、日本の暑さに慣れていない場合は、温帯地域に住む外国人よりも2~3倍早く体温が上昇することが分かった。その分、熱中症にかかるリスクが高いことを示している。

 日本気象協会では「熱中症セルフチェック」を開発し、今年4月から「熱中症ゼロへ」プロジェクトのウェブサイト(http://www.netsuzero.jp/selfcheck)で公開している。

 同協会では今後、こうした研究成果をもとに人に合わせたリスク情報を提供できるよう検討を進めるという。    (粟)