人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 夏盛ん (6)

tweet
2017/07/31掲載(北見市/話題・本紙連載)

秋まき小麦の収穫急ピッチ

北見地方で…黄金色に輝く畑

北見地方で秋まき小麦の収穫作業が急ピッチで進められ、黄金色に輝く畑を大型コンバインが忙しく駆け回る光景が見られる。

 JAきたみらい地区では秋まき小麦「きたほなみ」を3681ヘクタールで作付けしている。今年の収穫は昨年より4日早い27日から各地で開始した。

 今年は5、6月の日照不足や低温、7月の猛暑の影響が心配されるものの、相内麦作生産組合の男性(32)は「出来、不出来よりもひとまず1年かけて育てた小麦が無事収穫できて、うれしい。雨が続かなければ」と明るい表情を見せていた。

 収穫された小麦は同JAの乾燥調製貯蔵施設に運び込まれ、小麦粉の原料として出荷される。収穫作業は天候にもよるが1週間程度で終わる。  (理)