人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 涼呼ぶ風景

tweet
2017/08/03掲載(北見市/話題・本紙連載)

仁頃山愛好会が設置の倒木ベンチ

登山道のオアシス、木陰でひと息

夏真っ盛りの北見市仁頃山でオアシスの役割を果たす倒木のベンチ。最もメジャーな登山道の管理車道だけでも約10カ所に設けられ、登山者につかの間の涼を届けている。

 仁頃山愛好会は同山を管轄する網走中部森林管理署の許可を得て、倒木を利用してベンチやテーブルを作り、登山道に設置している。管理車道の二合目手前にあるヤマグワガーデンのベンチでは、イタヤカエデとトドマツが枝を伸ばし、心地よい木陰を生み出している。

 雨が降った翌日の仁頃山は山全体がマイナスイオンを放ち、それだけでも爽やかな気分になるが、歩き始めると体が火照り、汗が流れ落ちる。そんな時の一休みにと随所に置かれたベンチが疲れた体を癒してくれる。  (理)