人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

全日本ジュニア、全国中学校大会出場

tweet
2017/08/12掲載(美幌町/スポーツ・教育)

美幌北中ソフトテニス部の8人

美幌北中学校ソフトテニス部の女子8人が、16日から千葉県で開かれる第28回全日本ジュニアソフトテニス大会と、18日から長崎県で開かれる第48回全国中学校ソフトテニス大会に出場する。9日、町しゃきっとプラザで平野浩司教育長に大会への意欲を述べた。

「予選突破を」「ベスト16入り」
平野教育長に意欲述べる
いざ全国へ

全日本ジュニアに出場するのは3年女子生徒3人、2年女子生徒3人の6人。昨年12月の北海道中学校団体対抗ソフトテニス大会で優勝し、3月の全国大会に出場したことで出場権を得た。

 全日本ジュニアではチャンピオンリーグ団体戦に臨む。3年女子生徒の1人は「笑いが絶えないチーム。3月の全国大会では予選を突破できなかったので、今回は突破できるよう最後まで元気にプレーしたい」と抱負を述べた。

 全国中学校に出場するのは、個人戦に臨む3年女子生徒と3年女子生徒のペア。7~8月の北海道大会で優勝して出場権を獲得した。

 全国には64チームが出場。目標はベスト16。3年女子生徒は「サーブの確率を上げ、レシーブミスをなくしてしっかり攻めたい」、個人戦に臨む3年女子生徒は「ストロークを強化して大会に臨みたい」と張り切っている。

 平野教育長は「普段やっていることをしっかり出し切って」とエールを送った。 (浩)