人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

不動産情報

tweet
2017/09/01掲載(北見市/本紙連載)

こんな家に住んでみたい

築後40数年…改築の時期
わが家も築後40数年が経ち、いよいよ改築の時期を迎えています。父が建てた一軒家ですが、建坪も小さく間取りも昭和の造りです。夫婦2人とも生活する上での不便さを年を重ねるごとに感じています。

 わが家の改築上の課題は経済的な問題もありますが、お隣さんとあまりにも近いことで、建坪を増やすことができません。現在の2階建てのまま改築するしかないのですが、60歳を過ぎた時の日々の生活が心配になります。

 傾斜地に自宅を建てた友人は、うまく地下を駐車場として利用するなどし、部屋数を確保したようです。ただ、地下を利用しても階段の上り降りが発生し、悩みは尽きません。

 だからと言って改築をあきらめるわけにもいかず、妻と子どもたちが「うちは階段の生活だから、いつまでも元気でいなきゃね」と励ましてくれました。決断したいと思います。

(北見市、50代・男性)


自分の部屋でゆっくりと…
私は兄弟が多かったため子どものころ、兄弟と一部屋を仕切って使っていました。広い自分の部屋がある友達がとてもうらやましかったです。

 自分の部屋でゆっくりと落ち着いて勉強したり、遊ぶことができず、リラックスできる空間がありませんでした。新しい住まいを考える時、広めの子ども部屋を確保したいと思います。(北見市、30代・男性)


個性的な家って
40代になったら家を建てたいと思ってお金を貯めています。どんな家が良いかいろいろ考えています。ネットで調べていると、住みやすさだけではなく、個性と主張みたいなものをデザインで表現している家がたくさんみつかります。

 見れば見るほど迷いますが、やっぱり自分の人生にも主張みたいなのがないと、デザインも決まらないなと思うようになってきました。家は単に住むところではないなと感じるようになりました。(北見市、30代・男性)