人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見職安管内有効求人倍率

tweet
2017/09/02掲載(北見市/社会)

7月、過去最高に迫る1.31倍に

新規求職者の減少続き

北見公共職業安定所管内の7月の有効求人倍率は1.31倍で前月を0.08ポイント上回り過去最高の1.33倍に迫っている。新規求人が堅調に推移する中、新規求職者の減少が続き、求人倍率の上昇につながった。

 同管内の有効求人倍率は昨年12月と今年1月に過去最高値となる1.33倍を記録。4月には1.13倍まで下降したものの5月以降は再び上昇に転じている。

 7月の新規求職申し込みは487件で4月の870件に比べ4割減少。一方、新規求人は1145件で1月以降は1千件台を維持している。新規求職者の減少について同安定所は「労働者の職場定着が進み、離職者が減っている」と分析。

 総じて売り手市場ではあるが、職種別の倍率はサービス職の2.25倍に対し事務職は0.32倍と低く、職種によるミスマッチが課題。同安定所は「求職者は職業選択の幅を広げてもらいたい」としている。    (柏)