人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ちょっといい話 北見

tweet
2017/09/15掲載(北見市/教育・本紙連載)

北見商専簿記部部長・女子生徒
簿記に青春燃やした3年間

姉に憧れ、姉を追い…最後の全国は2位に
「みんなで頑張れて楽しかった」

3年間の部活動を振り返る女子生徒と教諭

3年間の部活動を振り返る女子生徒と教諭

北見商科高等専修学校の簿記部部長の女子生徒(3年)は、10歳年上の姉に憧れて簿記を始めた。かつて姉も同部に所属し、平成19年度には同校初となる全国優勝に導いた一人だ。そんな姉の姿を追いかけた3年間。女子生徒にとっての最後の全国大会は2位に終わり「悔しいけれど、みんなで頑張れて楽しかった」と安堵の表情を浮かべた。

 女子生徒は小学校時代はバドミントン少年団で活躍。同校では「問題が解けると楽しくて。お姉ちゃんの姿も見ていたので」と簿記部に入り、周囲を驚かせた。

 部活は、地道な基本練習の繰り返しが多く、同級生部員達が次々と部を辞め「寂しくて、つらかったです」。簿記競技は、集中力と冷静さを保ちながらの孤独な戦いだからこそ、苦労と成長をともにする仲間の存在は大きい。

 孤独な中でもコツコツと練習を続けた女子生徒。姉にアドバイスをもらって挑んだ最後の全国大会は目標にあと一歩、届かなかったが、晴れ晴れとした表情で「学校生活=部活というくらい簿記一色で頑張ったと思います」。

 顧問の教諭は「勝負の世界に勝ち負けはつきものですが、最後に女子生徒の涙を見て私もウルっとしました。部活を通して変わったと思います。お姉さんは強い意志で日本一になりましたが、女子生徒の簿記に向き合う姿勢と練習量も日本一でした」と努力をたたえた。  (理)