人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

デジタルスタンプラリー実施中

tweet
2017/10/06掲載(網走管内/社会)

国立公園構成する11市町巡る

美幌、津別、大空など観光スポット30カ所
スマートフォンアプリで手軽に参加

阿寒摩周国立公園広域観光協議会は、構成する11市町の名所30カ所でスマートフォンのアプリを使うデジタルスタンプラリーを実施している。

 国立公園の名称変更に伴い、公園内の自然や食、特産品などを満喫してほしいと実施。屈斜路湖などを抱える釧路管内弟子屈を中心に、美幌、津別、大空などオホーツクをはじめ、中標津、標茶、釧路、足寄など周辺市町の観光スポット30カ所が指定されている。

 30カ所のうち、美幌町は道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠、物産館ぽっぽ屋の2カ所、津別町は津別峠展望施設など4カ所、大空町は道の駅メルヘンの丘めまんべつなど4カ所がスポットになっている。

 スタンプを5つ集めると、景品として先着300人に「多機能ボールペン」をプレゼントする。景品交換場所は道の駅摩周温泉など5カ所ある。

 ラリーに参加するには、アプリ「Spotスタンプラリー」をダウンロード。アプリ内で阿寒摩周国立公園のラリーを選ぶ。問い合わせは美幌町観光担当(TEL 0152-73-1111内線293)へ。    (浩)