人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見のNHKぎゃらりーで2つの作品展

tweet
2017/10/06掲載(北見市/社会・文化)

ぐるぐる「ゼンタングル」アート作品展
いのこはるきさん心象画個展

その目に どう映る?
10日まで

「ゼンタングル」アート作品展

「ゼンタングル」アート作品展

簡単なパターンを繰り返して描く「ゼンタングル」と呼ばれる新感覚アートを並べたグループ展と、北見市のいのこはるきさんの心象画個展がNHK北見放送局ぎゃらりーで開かれている。10日まで。

 グループ展は、異なる分野で創作活動を行う北見市の女性2人、北見出身で岩手県在住の男性の3人が「ぜんたんぐるぐる展」と題し、初めて開いた。

 ゼンタングルはアメリカ発のアートメソッドで、格子や丸などのパターンを自由な発想でつなげて仕上げる線画。3人は2年前から趣味で描いている。

 会場には、ライオンやカメレオンの絵の中に細かなパターンを描いた作品など30点を展示しているほか、プロジェクターでも作品を紹介している。

 来場者も自由に参加できるライブパフォーマンスを随時、行っており「描くうちに無心になり、指先から生まれる線に心が躍ります。一緒に描いてみませんか」と呼び掛けている。

 いのこさんは、自身の過去の作品を支持体に筆や刷毛(はけ)を叩きつけて彩色した抽象画など45点を発表。叩くことで目に見えないエネルギーの動きを作品モチーフとし、支持体に革や木の葉などを貼り付けることで「テクスチャーの変化を楽しんでいます」。

 いのこさんは、50年以上にわたる創作活動について「少しでも変化したいと思いながら描くことを楽しんでいます」と話している。     (理)

 

いのこはるきさん心象画個展

いのこはるきさん心象画個展