人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

カーリングを身近な競技に

tweet
2017/10/23掲載(北見市/社会・スポーツ)

北見で入門編セミナー開催

元LSの馬渕 恵さん講師に
質問にも経験者ならではの答えで
ルールを覚えて、平昌五輪で応援しよう!

カーリング競技を身近にしようと入門編セミナーが北見市西富町のスポーツクラブPHYSIT(フィジット)コンディショニングで開かれた。専門用語が多く難解な競技だが、参加した市民らは率直に質問して競技の面白さに引き込まれていた。

 同クラブとプラス整骨院主催の第2回市民公開セミナー。約40人が参加し、ロコ・ソラーレチーフトレーナーで同クラブ代表の大森達也さんが司会、元ロコ・ソラーレの馬渕恵さんが講師を務めた。

 参加者からは「先攻後攻の決め方は」「ストーンの使い分けは」「水まきのぺブリングをした後に表面を削るのはなぜ」といった、ほとんど知られていないルールや競技の質問が次々と上がった。

 大森さんは「石によってくせがあり、あまり知られていないが試合前には必ずストーンチェックをする」「水まきや削り方が違うので、競技会場ごとに滑り具合が異なる」などと、現場に携わっている人ならではの生の話を紹介した。

 馬渕さんによると、数字やイエス、オーといったカーリング特有の掛け声のほかチーム内で決めたボディーランゲージもあり「スキップの五月ちゃん(藤澤選手)の動きが妙に面白いときがある」と観戦のヒントを語り、「相手ストーンを少しだけずらす、吉田夕梨花選手のウィッグショットは世界1」などと興味を誘った。

 今後、基礎編、応用編も開催し、カーリング競技の魅力に少しずつふれたい考え。 (寒)