人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美幌博物館講座歴史編

tweet
2017/10/23掲載(美幌町/社会・歴史)

「歩いて発見!ぶら博物館」

徒歩で巡り、まちの歴史に触れよう

美幌博物館講座歴史編「歩いて発見!ぶら博物館」が14日に行われた。参加者11人が、住宅街にある戸長役場跡などを巡り、130年を迎えた美幌の歴史の一端を学んだ。

 今年は美幌に戸長役場が設置されてから130年の節目。講座では学芸員の案内で元町の戸長役場跡、簡易教育所跡、美幌小学校のカシワの木、市街地の変化など主に明治時代の足跡をたどった。

 明治37年に戸長役場が移転した現在の国道240号沿いの美幌警察署近くでは、明治時代に撮影された大通りの写真と比べて変化を実感。商店街では、同じ商店を写した写真を見比べた。「大正7年の写真には電信柱が写っている」という学芸員の説明に、参加者は発展の歴史を感じ取っていた。

 最後は町役場にある美幌駅逓跡の石碑を見学した。   (浩)