人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

11月1日・Jアラート活用した情報伝達訓練

tweet
2017/10/28掲載(北見市/告知)

北見市が常呂自治区対象に

地震を想定、防災行政無線使い

北見市は11月1日に全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用した情報伝達訓練を行う。防災行政無線が設置されている常呂自治区が対象で、常呂総合支所は「情報キャッチの確認と、地震の際の行動訓練を」と呼びかけている。

 Jアラートは通信衛星と市町村の防災行政無線や有線放送電話を利用、緊急情報を住民へ瞬時に伝達するシステム。市はシステムの点検と住民の身を守る意識の啓発を兼ねて行っている。

 当日は午前10時ころ、同支所が防災行政無線を使い「緊急地震速報。大地震です。大地震です」と呼びかけ、各家庭の防災行政無線戸別受信機や地域にある拡声機から声が流れる。

 大地震発生時の対処として「まず低く構えて頭を守り、動かないようにしましょう」と、具体的な行動のチェックを呼びかけている。     (澄)