人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 秋深まる (完)

tweet
2017/10/31掲載(北見市/話題・本紙連載)

昔ながらの風景…稲の天日干し

北見で黄金色のにお並ぶ

稲の天日干し

稲の天日干し

北見市美園の農家、女性(83)の水田で稲束を積み上げて自然乾燥させる昔ながらの農村風景が広がっている。刈り取られた稲が夕陽に照らされ、黄金色に輝いている。

 一般的な米農家は、刈り取りと同時に脱穀できるコンバインを使って収穫、機械で乾燥させる。女性方では稲を結束しながら刈り取るバインダーと呼ばれる機械を使用し、稲穂が下になるよう、におと呼ばれる小屋状に積み上げて約3週間、天日干しする。

 女性は「収穫後も天気に左右されて大変ですが、ゆっくりと乾燥させたお米がおいしいと言ってくれる人もいるので」と昔ながらの方法で秋の実りを積み上げている。 (理)