人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

秋の褒章

tweet
2017/11/07掲載(網走市/社会)

配布エリア内 受章者の横顔
網走 女性(71)

矯正教育功績で藍綬褒章
19年間、網走刑務所で篤志面接委員務め
受刑者の「学びたい」という声に応えたい

網走刑務所で篤志面接委員を務める、女性(71)は19年間の矯正教育功績が認められた。「まさかいただけるとは思っていませんでした。感激しています」と顔をほころばせている。

 夫(74)が同委員だったことから、平成元年から指導員として同刑務所でそろばんを教え始めた。10年に同委員となり、夫婦での指導を続けている。

 そろばんの経験が無い受刑者に、四則計算の基本から指導している。「答えが出るまでの過程を大切に教えています。やる気を起こさせるのに心をくだいています」

 生徒の名前には必ず「さん」を付けて呼んでいる。「塀の外側だろうが内側だろうが、人対人。敬意を持って接するよう努めています」

 同委員を続ける上での喜びは「生徒が指導内容を理解し、級や段が上がっていくこと」と言い、「体が動く限り、夫とともに『学びたい』という声に応えていきたいです」と話している。   (玲)