人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 陸別町ってどんな町 (3)

tweet
2017/11/07掲載(その他/本紙連載)

陸別小利別IC供用開始で身近に

銀河の森天文台

宇遠別地区の豊かな自然が残る銀河の森。その高台にそびえる銀河の森天文台(りくべつ宇宙地球科学館)。公開されている天文台としては日本最大級の115センチ反射望遠鏡(愛称・りくり)を備え、小型望遠鏡3基、4連太陽望遠鏡などが公開されています。

 1階展示場にはデジタルプラネタリウム、70インチ大型モニター、人工オーロラ発生装置があり、多くの天文ファンが訪れています。晴れていれば、昼間でも星の観察ができます。

 休館日は月・火曜で開館時間は午後1時~9時半。入館料は大人が昼300円、夜500円。問い合わせは同天文台(TEL 0156-27-8100)。

〔年内のイベント〕

〇11月11日(土)午後1時~6時に「驚き!おもしろ科学実験」。北大や北見工大の学生らによる液体窒素を使った実験など。ミニ講演会のテーマは「宇宙の現場を取材して」。

〇12月13(水)、14日に「ふたご座流星群観望会」。説明会は午後7時から。

 

国内最大級の反射望遠鏡

国内最大級の反射望遠鏡