人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

初開催に向け準備着々

tweet
2017/11/09掲載(網走市/社会・告知)

26日・西コミセン子どもまつり

住民自らが地域の活性化策に取り組んでいる、西地区地域活動推進協議会は、初めての試みとなる〔西コミセン子どもまつり〕の開催に向けた準備を進めている。子ども達が集える場を創出し、異世代交流なども進めながら地域を元気にする狙いだ。

西地区推進協「地域を元気に」
盛り上げに市民有志が協力

〔子どもまつり〕は今月26日(日)午前10時~正午、市内大曲地区にある西コミセンで開く。入場は無料で、科学をテーマにしたブースで体験メニューを楽しめるほか、サイエンスショーもある。

 主催する西地区推進協は、今年7月に設立されたばかり。市内大曲、新町、三眺地区の住民や事業所、学校などからなり、〔子どもまつり〕は、同推進協「子ども部会」が担当する。

 「子ども部会」の関係者は「西地区の活動拠点となる西コミセンの機能を利用した『子どもまつり』を開催することで、地域住民の交流をはじめ子ども達の遊びの支援もできれば」と張り切る。

 当日は5つの体験ブースを用意。いずれも楽しみながら科学の魅力を味わえ、「小さな子どもでも家族と一緒に参加できる内容です」(同部会)。

 各ブースの体験メニューは、市内での科学イベントなどで実績のある市民有志が企画し、イベントの運営も協力する。当日午前11時40分からの「スーパーボールロケット」サイエンスショーも担当する。

 イベントのPRポスター(写真)は、同推進協広報委員会がデザインし、西地区の対象エリアに全戸配布する計画。また、同地区にある網走西小学校に協力要請し、同校児童にチラシを渡してもらう。

 同地区推進協は「子どもが減っていく中、住民パワーで西地区を盛り上げていきたい」と張り切っている。   (大)