人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 スポーツ一直線

tweet
2017/11/10掲載(北見市/スポーツ・本紙連載)

北見北中陸上部 2年女子生徒

東日本女子駅伝の道チームに選出
初の道代表「精一杯頑張りたい」
「全国を前に雰囲気感じたい」

北見北中学校陸上部の2年女子生徒が、12日(日)に福島県で開催される第33回東日本女子駅伝の北海道代表チームのメンバーに選ばれた。「北海道代表になるのは初めて。全国大会を前に、雰囲気をしっかり感じてきたい」と話している。

 北海道、東北、関東など東日本18都道県から選抜チームが出場。42.195キロを9区間9人がタスキをつなぎ、そのうち2区間は中学生が走ることになっている。

 9月に千歳市で行われた同駅伝の選考会ではケガの影響で6位と選抜メンバー入りは果たせなかった。しかし、今月3日の全国都道府県対抗女子駅伝選考会で2位の好成績をマークし、全国選抜メンバー入りが決定。その後、東日本女子駅伝の出場予定選手がケガで欠場することが決まり、急きょ女子生徒に白羽の矢が立った。

 中学生は女子生徒を含めて3人が招集され、前日練習で走るメンバー2人が決まる。

 女子生徒は「福島に行けることになってうれしいです。精一杯頑張りたい」と笑顔を見せている。  (菊)