人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

開校70周年の節目祝う

tweet
2017/11/14掲載(北見市/社会)

北見市立南中学校

北見市立南中学校の開校70周年記念式典が12日、同校で開かれた。全校生徒と職員をはじめ、歴代のPTA役員や卒業生らが出席し、節目を祝った。

卒業生らも出席し記念式典、記念講演

前生徒会長の3年男子生徒の挨拶。

前生徒会長の3年男子生徒の挨拶。

同校は昭和22年4月の学校制度改革により創立され、中央小学校を間借りする形で開校。同24年11月に校舎、26年12月に体育館が完成し、学校としての形が整った。これまでの卒業生は1万3174人。

 式典では協賛会長の船橋賢二氏が「在校生の皆さんが今日の式典に出席していることは、偶然ではなく必然。限られた生徒しか経験できないことなので、この必然を大切にして将来、結婚して子どもが生まれたら自分の子どもを南中学校に通わせてください」と挨拶。

 重井睦校長が「これからも南中の発展を目指していきます」と式辞を述べ、生徒を代表して前生徒会長の3年男子生徒が「私達1人ひとりが受け継がれてきた伝統の重みを感じ、さらに積み重ねていきます」と述べた。

 式典後には記念事業として、元バドミントン選手の佐々木翔さんが講演した。  (匡)