人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

秋の叙勲

tweet
2017/11/15掲載(網走市/社会)

配布エリア受章者の横顔紹介
網走・男性(71)

地方自治功労で旭日小綬章
受章は多くの支援あってのもの

元網走市議会議員の男性(71)は、7期28年にわたる地方自治功労が認められた。受章に対し「栄誉ある章をいただき、心苦しい思い。多くのみなさんに支援をいただいたおかげです」と感謝している。

 昭和58年の統一地方選で初当選。東京農大網走の開学、能取の水産加工団地の赤字解決などの課題に力を注いだ。

 「農大誘致は、当時の市長の『アカデミア構想』のもと関係者と喧々諤々(けんけんがくがく)の議論を重ねた。誘致の成功は、市民が作り上げた結果だった」とし、「もし今、網走に農大がなかったことを想像すると、まちの経済や活力に大きなマイナスだっただろうと思います」と振り返る。

 「長く議員を続けたことで、家族に自分のわがままを通させてしまった。地方政治の世界から引退した今、家業に戻り、自分のできる社会貢献をしながら、関係のみなさんにいただいた恩の何万分の1でもお返しできればと思っています」と話している。  (玲)