人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

網走の道立オホーツク公園

tweet
2017/11/17掲載(網走市/社会・話題)

半年で利用者17万人超え

今春リニューアル「ころころひろば」など人気で

リニューアルした「ころころひろば」

リニューアルした「ころころひろば」

網走市の道立オホーツク公園の平成29年度利用者数が10月末で17万人を超えた。28年度1年間の実績を超え、子育て支援の遊戯施設などが支持されたようだ。

 10月31日までの利用者数は17万9113人。28年度の年間利用者数12万8625人をすでに上回っている。

 好調な利用者数を支えるのは、子育て支援を狙いに整備された遊戯施設。今春、リニューアルした室内遊戯施設「ころころひろば」の利用者数は3万4584人で、前年同期比2万4933人増えた。

 27年に供用開始した、屋外遊具広場「ぼうけんの森」も利用者数が増加。29年度は7万3791人で、同比1万9757人増えた。

 ころころひろばなどの利用者増は、他の施設にも波及。キャンプ場などの利用も増えた。

 同公園は「予想を超える数。残り半年も事故なく楽しく利用してもらうため、施設の維持・管理に努めたい」としている。(玲)