人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

季節限定の収穫始まる

tweet
2017/11/28掲載(北見市/社会・話題)

「寒じめちぢみほうれん草」

JAきたみらい地域

寒じめちぢみほうれん草の収穫

寒じめちぢみほうれん草の収穫

寒さに耐え、太陽を浴びておいしく。この季節限定「寒じめちぢみほうれん草」の収穫が北見地方で始まった。ここ数日の冷え込みでぐーんと甘味が増し、生産農家は「寒さのおかげで今年も、おいしさをたっぷりと蓄えられました」と旬の味を勧めている。

 JAきたみらい地域では14軒が合計66アール作付けしている。その名の通り、寒さに当たって身を締め、葉が縮んでいるほか通常の2倍の60日を掛けてじっくりと栽培し、栄養が豊富なのが特徴という。

 北見市内の農業、男性方では9月に種をまき、今月に入ってからはハウスを開け、寒気を当てて育ててきた。低温ストレスを受けたほうれん草は糖分を蓄えようと太陽の光をたくさん浴び、ビタミンCやβカロテン、鉄分も豊富でかぜ予防にもよさそうという。肉厚で茎まで甘く、サラダやスープ、いためもの、しゃぶしゃぶなどの鍋物にもおすすめだという。27日から約1カ月間、スーパーに並ぶ。(寒)