人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「高年齢者の雇用状況」まとめ

tweet
2017/12/07掲載(網走市/社会)

平成29年、網走職安管内

「定年制廃止か65歳以上」21%に
前年比では減

網走公共職業安定所は平成29年「高年齢者の雇用状況」をまとめた。管内で定年制の廃止および定年を65歳以上とする企業の割合は21%だった。

 少子高齢化の急速な進展と年金支給開始年齢の引き上げを背景に、意欲と能力のある高年齢者の労働市場整備のため、法律で高年齢労働者の雇用確保制度の導入が義務付けられている。

 集計は年に1度実施。同職安では、管内の従業員31人以上の企業81社を対象に、6月1日現在の雇用状況をまとめた。

 集計によると、高年齢者雇用確保措置は全企業で行っているものの、定年制を廃止した企業は1.2%(前年比1.5ポイント減)。65歳以上定年企業の割合は19.8%(同0.2ポイント減)だった。

 また、希望者全員66歳以上の継続雇用制度を導入している企業は6.2%(同4.5ポイント減)。70歳以上まで働ける企業の割合は17.3%(同2.7ポイント減)だった。

 同職安は「高年齢者が一度離職すると再就職は困難。年齢にかかわりなく働き続けることが可能な企業の普及・啓発に取り組みたい」と話している。(玲)