人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

今冬の除雪活動スタート

tweet
2017/12/15掲載(北見市/社会)

北見の「すまボラ」

サポステのメンバーも加わり
有償ボランティアで独居高齢者宅など

地域通貨による有償ボランティアを行う北見のすまいるボランティアセンター(すまボラ)が、今冬の除雪活動を開始した。

 同センターは、障がい者支援を行うNPO法人とむての森が平成24年、地域貢献活動の一環で設立。支援を必要とする高齢者宅の除雪や草刈りを行い、代わりに地域通貨として使用できるチケットを受け取る仕組み。これまで北見工大の学生らが活動を支えてきたが、しだいに担い手となる学生が減少。今年から、若者の就職を支援するオホーツク若者サポートステーション(サポステ)が加わり、事業を継続している。

 さきごろ今冬1回目の出動があり、とむての森とサポステの利用者とスタッフ、学生が除雪を行った。

 対象者は自力で除雪が困難な独居高齢者など。利用するにはセンターに登録し、ボランティアチケットを購入する必要がある。これまでは柏陽町、並木町など同法人と大学に近い地域で活動してきたが、今冬からは出動可能な範囲でエリアを広げている。

 すまボラはボランティアスタッフも受け入れている。(柏)