人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

あばしりまなび塾フェス

tweet
2017/12/19掲載(網走市/社会・教育)

実行委が今期最後の会合

反省点整理し運営方法など意見交換

今年のまなび塾フェス

今年のまなび塾フェス

網走市で最大規模の生涯学習イベント「あばしりまなび塾フェスティバル」実行委員会は、市内エコーセンター2000で今期最後の会合を開いた。同フェスの反省点などを整理した上で、来年以降の運営スタイルなどについて意見を交わした。

 同フェスは毎年11月23日に同センターで開催。“学び”をテーマに、市民グループや団体らが各ブースで工作や読み聞かせ、料理などといった生涯学習メニューを提供する。今年は20団体以上が出展した。

 会合では、事務局の網走市教委社会教育課から、正式来場者が約2200人だったと報告された。昨年より200人多かった。また、フェス運営に協力したボランティアスタッフは143人(各ブーススタッフ含む)で、昨年の49人を大幅に上回った。フェス初出展となった団体や市民からは「子どもがたくさん訪れて素晴らしいフェスティバルだと感じた」などとの意見が寄せられた。

 同フェスは、現行の運営スタイルとなって10年以上が経過、市民が企画・運営する生涯学習イベントとして定着している。会合では、実行委メンバーからここ数年の準備スタイルなどを踏まえ「今後のフェスは実行委形式がいいのか、元々の網走市教委の事業に戻すのか選択すべき」との意見も出された。 (大)