人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市長に受賞を報告

tweet
2017/12/19掲載(北見市/社会)

北見市遺族会北見支部の副支部長・男性(84)

援護事業功労者厚生労働大臣表彰

北見市遺族会北見支部の副支部長を務めている男性(84)が15日、市役所を訪れ、29年度援護事業功労者厚生労働大臣表彰を受けたことを辻直孝市長に報告した。

 男性は5歳の時、戦争で父を失った。「北見を離れる父と握手したのは記憶にある」という。昭和29年4月に遺族会に入り、同じ遺族達の相談、戦没者慰霊碑の建立、管理、遺族会の運営などに力を尽くした。

 市長応接室で男性は「皆さんのおかげ。感謝します」と述べた。辻市長は「私達こそ感謝します」と、男性の労をねぎらった。

 遺族会は高齢化が進んでいるが「若い人に入っていただき、会を存続できるようにしていきたい」と、意欲を見せた。  (粟)