人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

東藻琴の有志がスナック開店

tweet
2017/12/20掲載(大空町/社会・話題)

「呑希ー(ノンキー)」

大空町東藻琴の住民有志らが16日、東藻琴中心街の旧笠井商店に社交場「呑希ー(ノンキー)」をオープンした。東藻琴地区は数年前からスナックが1軒もない状態が続いており、住民にとっても待望の開店。有志は「愛される店にしたい」と張り切っている。

“オラがマチ”に社交場を

オープンしたのは、昭和24、25年生まれの同期生を中心にした住民11人でつくる「明るい農村」。「遅くまで飲める場所がなくなった」「地域がさびしくなった」など地域住民の声を受け「力を合わせて店を運営しよう」と準備を進めてきた。

 空き店舗を活用しての起業に対する町の補助金などを受けつつ、旧商店を改修。カウンターを設置したほか、ボックス席のテーブルやいすは中古品も活用し、最大で30人が利用できる店内に仕上げた。カラオケも歌うことができる。

 東藻琴地区は居酒屋があるが、多い時で4、5軒あったというスナックは年々減り、数年前から1軒もない状態が続いている。9月には、飲食機能をもつ道の駅「ノンキーランドひがしもこと」がオープンしたが、深夜の営業には対応しておらず、2次会、3次会ができる場所がなかったという。

 16日は、オープンを待ちわびた多くの住民らが詰めかけた。代表(68)は「開店を決めてから、多くの期待や激励の声をいただいた。ニーズに応え、親しんでもらえる店を目指したい」と話している。

 年内は29日(金)まで毎日午後6時~翌午前零時に営業。問い合わせは(TEL 0152-67-7793)へ。