人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

タグラグビー北見支部大会

tweet
2017/12/21掲載(網走市/スポーツ・教育)

網走勢1・2・3位独占

全国大会に通じる小学生のタグラグビー大会「サントリーカップ」北見支部予選(16日、北見市)で網走小学校の2チームが優勝、準優勝を果たし、全道出場を決めた。3位は網走西が丘小学校チーム〔シューティングスターズ〕で、上位3チームを網走勢が占めた。

網小の2チームが全道へ

優勝、準優勝した網小チームの選手ら

優勝、準優勝した網小チームの選手ら

北見支部予選には、北見市や網走市、遠軽町などの小学校単位で結成された22チームが出場。予選を経た16チームが決勝トーナメントに進み、全道出場(上位2チーム)をめざして順位を競った。

 決勝戦は、網小チームの〔ノースカムイ〕と〔ウォセカムイ〕が対戦。〔ノースカムイ〕は主力選手を欠いたものの、9-1で〔ウォセカムイ〕を下して優勝した。

 網小の2チームがそろって全道大会に出場するのは2年ぶり。全道大会は来年1月8日、北広島市で開かれる。

 網小は、今年2月のサントリーカップ全国大会(東京)に北見支部として初めて出場した実績があり、関係者は今後の活躍に期待を寄せる。

 指導者で同校の教諭は今季のチームづくりについて「ゲーム中、子ども達自身で考えられるようになれる練習メニューを組んできました」。今年9月の網走市教育長杯では、網走西が丘小チームに苦戦した経験を踏まえ、「西が丘小の存在がレベルアップにつながりました」と振り返った。

 網走においてのタグラグビーの普及・レベル向上に力を入れる、網走ラグビー協会の会長は今予選を観戦。優勝した〔ノースカムイ〕について、「ディフェンスが素晴らしく、相手にボールを奪われてから守備へと転じる態勢づくりが速く、驚きました」と評価していた。   (大)