人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

サッカーJ1優勝を報告

tweet
2017/12/21掲載(北見市/社会・スポーツ)

川崎フロンターレ・奈良 竜樹選手

「北見は原点、応援が力に」
地元少年団とのふれ合いも

サッカーJ1川崎フロンターレの奈良竜樹選手(24)が18日、北見市役所を訪れ、チームのJリーグ制覇を報告した。その前にはサッカー少年団の子ども達とふれ合い、オフのひととき、市民に感謝の気持ちを伝えた。

 北見小泉小、小泉中、札幌での高校生活をへて北海道コンサドーレ札幌に4年、FC東京に1年所属し昨年から川崎。センターバックとして、チームのJリーム初優勝に貢献した。

 北見サッカー協会の副会長、4種委員長とともに訪れた奈良選手は「北見は僕のサッカーの原点。みなさんの応援で優勝できました」と報告。対応した渡部眞一副市長が「優勝という大きな宝を持って帰って来てくれた」と歓迎し、前々日には「サッカー少年団の子ども達とふれ合い、夢を伝えてくれた」と礼を述べた。

 ユニフォームにサインし、市にプレゼントしたほか、市内各小学校にもサイン色紙を贈ることを約束した。

 「ケガを乗り越えての偉業達成は特別なものがあるはず。今後も活躍を」と語る渡部副市長の言葉を受け、奈良選手は「お世話になったまちに帰り、優勝の実感が湧いてきた。同時に来年また頑張ろうという気持ちになれた」と感謝の気持ちと意欲を語った。 (寒)