人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2017年 重大ニュース 網走市

tweet
2017/12/21掲載(網走市/社会)
ミンククジラの水揚げ

ミンククジラの水揚げ

※記事中の年齢は当時のものです

ミンククジラ 30年ぶり水揚げ
国内での商業捕鯨再開に向けた科学的情報を収集するため、網走沖でミンククジラの調査捕鯨が6月、始まった。網走でミンククジラが水揚げされるのは、商業捕鯨が中断した昭和62年以来、30年ぶり。  (玲)


ごみ分別 新ルール発進
〔埋め立て〕〔容包プラ〕〔生ごみ〕〔紙おむつ〕
本格導入1カ月で不適正8千件
網走市の新たなごみ排出ルールが4月、本格導入された。2・3月を練習期間とし、〔埋め立てごみ〕〔容包プラ〕〔生ごみ〕〔紙おむつ〕を分けて排出することを義務付けた。本格導入から1カ月間の不適正排出件数は8千件を超え、導入前の50倍に達した。   (大)


おーろら運航率96%歴代2位
網走市の流氷観光砕氷船「おーろら」の前季の運航率は96%だった。歴代2位の高水準。暴風雪がほとんどなかったことが主因。今季は流氷が岸に近づく日も多く、流氷を目当てに訪れた国内外の観光客を喜ばせた。(玲)


日本体育大学附属高等支援学校開校、19人が新入学
国内初のスポーツ教育を主軸とした特別支援学校「日本体育大学附属高等支援学校」が4月、網走市に開校した。“第一期生”となる19人が入学した。

 入学式で、島崎洋二校長は「心身ともにたくましい生徒の育成を目指し、『すべては生徒のために』をモットーに新たな歴史を刻んでいく。1期生のみなさん、入学おめでとう」と式辞を述べた。    (大)


カニチョッ筋体操にニューバージョン2つ
「音頭」と「ベビー」
網走市のご当地体操「あばしり健康カニチョッ筋体操」のニューバージョンが6月、完成した。ご当地体操の誕生から10周年の節目に、「音頭バージョン」、赤ちゃん向けの「ベビーバージョン」などを追加した。  (大)


ラグビーセブンズ女子 日本代表候補が合宿
ラグビー7人制(セブンズ)女子日本代表の候補選手を対象にした強化合宿が8月、網走市で行われた。セブンズ代表クラスの網走合宿は、昨年の日本男子代表に続き、市内関係者は「ラグビー合宿タウン網走の知名度アップにもつながる」と喜んでいた。  (大)


高田聡さん開発ジェラート イタリアのフェスで優勝
網走市のジェラート専門店「リスの森」の高田聡さん(32)が開発したジェラート「凪(なぎ)」が10月、イタリアで開かれた第9回シャーベス・フェスティバルで1位に輝いた。同フェスで日本人が優勝したのは初めて。(玲)


安彦良和さん原画展“網走の大地に立つ”
市立美術館に期間中3563人訪れ
機動戦士ガンダムのキャラクターデザイナーで漫画家の安彦良和さん(69)の原画展が10月から11月、網走市立美術館で開かれた。館内にはマニア垂涎の作品が並び、期間中、市内外から3563人が訪れた。  (玲)


大曲湖畔園地 整備実施計画が廃止に
網走市は11月、大曲湖畔園地の整備実施計画(平成22~32年)を廃止し、代わりに「管理方針」を策定する考えを、同園地整備利用推進協議会の会合で示した。「管理方針」素案によると、同計画に盛り込まれていた「樹木ゾーン」「農地ゾーン」以外の大半のゾーンは今後、整備・着手しないことになっている。(大)

 

新しいカニチョッ筋体操

新しいカニチョッ筋体操

ラグビーセブンズ女子 日本代表候補の合宿の様子

ラグビーセブンズ女子 日本代表候補の合宿の様子

安彦良和さん原画展

安彦良和さん原画展