人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 秋の善行表彰 (9)

tweet
2017/12/21掲載(美幌町/社会・本紙連載)

美幌 いろりの会

保育園などで読み聞かせを続け
会員の力合わせ活動継続を

美幌町内の読み聞かせの会「いろりの会」は、15年間にわたり保育園を中心に読み聞かせを続け、子ども達の読書習慣づくりに寄与する活動が認められた。

 会は美幌町図書館が50周年を迎えた平成14年6月に設立。現在は10人で活動している。会の名前は会長が幼少期に、両親らと囲炉裏を囲んで歌や昔話を学んだ思い出に由来しているという。

 「幼少期におじいちゃんやおばあちゃんから聞いた昔話や、接した絵本は心に残り、情操や人格の形成に役立つ。人生の出発に当たりとても大切なこと」という思いから、読み聞かせ活動をスタート。現在は月2回のペースで美幌保育園、東陽保育園を訪問している。年少児、年中児、年長児それぞれに合わせた絵本を読み聞かせている。

 訪問に加え、図書館の年1回の行事「図書館フェスティバル」でも、読み聞かせを続けている。22年には北海道読書推進協議会の表彰を受けた。

 会長は「表彰に恥じないようこれからも精進し、会員が力を合わせて読み聞かせを続けたい」と話している。   (浩)