人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

施設の入居権巡る不審電話

tweet
2017/12/22掲載(北見市/告知)

北見市消費生活センターが警戒呼びかけ

複数の人間に成りすまし現金要求
「はっきり断り、すぐ通報を」

施設の入居権利の解約を促し、解約に応じた後で違法だと脅して現金を騙し取ろうとする不審な電話が北見市内の高齢者宅にあった。相談を受けた北見市消費生活センターは警戒を呼びかけている。

 電話は「生活センター」という名称を使い、職員に成りすました人物が「施設の入居権利の解約をお願いします」という内容で、高齢者に「権利を持っている」ことを認識させる。

 その後、別人を名乗る人物が高齢者に「入居を待っている人がいるので権利を譲ってほしい」という趣旨の相談を持ちかける。さらに、入居を待っている本人を名乗る人物が、高齢者に権利を譲ってくれるよう頼む、という手順。

 高齢者が承諾すると、「権利を解約したのは違法」「裁判を取り下げる手続きに費用が必要」などとしつこく迫り、お金を騙し取ろうとする手口。

 同センターに相談があったのは12日で、それによると「権利を譲ってほしい」というところで、高齢者が不審に思ったことから詐欺事案には至らなかった。しかし、同センターが調べたところ、他都市の事例では訴訟取り下げの手続き費用を要求されたケースなどがある。

 同センターは「センターが相談を受けた人以外に、こちらから電話をすることはないので、不審に思ったらはっきり断り、すぐにセンターに通報してください」と呼びかけている。

 同センターは(TEL 0157-23-4013)。    (粟)