人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

オホーツク海の流氷南端

tweet
2017/12/23掲載(網走市/社会・話題)

20日現在、網走から北に420キロ地点

網走地方気象台によると、オホーツク海の流氷の南端は20日現在、サハリン東岸の北緯47.6度(網走から北に約420キロ)付近にある。今年の南下スピードは、平年より若干、早いという。

 今年はラニーニャ現象(太平洋赤道域の日付変更線付近の海面水温が平年より低い状態が続く現象)が起き、各地で異常気象となっている。ただ、オホーツク海の海氷域面積は「平年並み」の範囲で、同気象台は「流氷の動きとの関連性は不明」としている。(玲)