人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

トリックアート展開幕

tweet
2017/12/26掲載(北見市/社会・文化)

北網圏北見文センで2月12日まで

第二弾は江戸時代!?
期間中、フォトコンテストも実施

目の錯覚を利用した不思議な壁画「トリックアート」が楽しめる「トリックアートの世界パート2」(実行委など主催)が23日、北網圏北見文化センターで開幕。初日は家族連れなどが詰めかけ、思い思いのポーズで記念撮影などを楽しんだ。

 トリックアートは遠近法や陰影方などを用いた体験型の壁画作品で、専用美術館の運営や作品制作を手掛ける(株)エス・デー(栃木県)の登録商標。北見開催は4年ぶり2回目で、今回は「心と視覚のからくり屋敷」と銘打ち、江戸時代をモチーフにした全33作品を「宿場町」「浮世絵」「日本のおばけ」「忍者」の4エリアに分けて展示している。

 会場では写真や動画を自由に撮影でき、期間中はフォトコンテストも実施。この日はアーティストの神山宣耀さんが作品を紹介し、「日々新たな作品を手がけており、また北見でお会いしたい」と語った。このほか作品制作の実演も行われた。

 入場には観覧料が必要。開催期間は来年2月12日まで。  (柏)