人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 環境を考える

tweet
2017/12/27掲載(北見市/社会・本紙連載)

保全・改善への取り組み紹介

北見市環境課は特定外来生物に指定されているオオハンゴンソウやハナガサギクの抜き取り実績(29年分)をまとめた。今夏に市民通報が相次ぎ、北見と常呂自治区で抜き取られた数は2万本余りに達した。30年度はさらに市民への啓発を強め「芽のうちに摘む」対策に力を入れる考え。

北見市の特定外来生物抜き取り実績
オオハンゴンソウなど2万本余り
今夏に市民からの通報相次ぎ
啓発強め、群落拡大前の駆除目指す

上仁頃で見つかったオオハンゴンソウ群落

上仁頃で見つかったオオハンゴンソウ群落

特定外来生物は人の移動や物流の発展とともに海外から持ち込まれた生物。指定植物は北米原産のオオハンゴンソウ、その仲間のハナガサギクなど。

 北見自治区における市民通報は8月と9月に集中し、7件あった。通報によって市昭和の道道北見常呂線沿いにハナガサギク約400本の自生が確認され、抜き取りが行われた。また、オオハンゴンソウの群落が上仁頃で見つかった。群落は5千株にも及び、市道路管理課が330キロ余りを刈り取り焼却処分した。このほか、開成や北上でも同様の通報があり、地権者への抜き取り要請を行っている。

 また、常呂自治区はワッカ原生花園を有しているため、8年前から市職員がパトロールを行い、抜き取りと刈り取りを行っている。今年は豊川、富丘の2地区で自生を確認、約500キロを破砕後に埋め立て処分した。

 外来植物が侵入する要因は、車のタイヤに付着した種が移動先の道路沿いで発芽したり、河の流れなどによって運ばれるケースがあり、これまでになかった地域で見つかるケースがほとんど。

 環境課は「北見自治区は面積が広く市民通報に頼らざるを得ない。市民の協力を得られるよう、今後も市民啓発に力を入れ、群落が小さいうちに駆除につなげたい」と話している。(澄)

 

市内で初めて確認されたハナガサギク

市内で初めて確認されたハナガサギク