人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

欠航時の新サービス「船内シアター」

tweet
2017/12/27掲載(網走市/話題)

網走の流氷観光砕氷船「おーろら」

今シーズンから上映

網走市の流氷観光砕氷船「おーろら」は、今シーズンから、荒天などで乗船できなかった客向けに、船内シアターで流氷映像を無料で楽しんでもらうサービスを始める。運航する道東観光開発は「遠くからいらしたお客様を少しでも喜ばせられたら」と願っている。

 冬のオホーツク海側は、たびたび暴風雪に襲われ、同砕氷船が外海に出られず欠航することがある。流氷クルーズを楽しみにしてきた観光客らをがっかりさせるのは、同社の長年の課題だったという。

 上映サービスは、少しでも流氷体験気分を味わってもらおうと企画。昨シーズン、同砕氷船のへさきなどから船員が撮影した迫力の流氷映像(約10分)を欠航した船内で流し続け、観賞してもらう。

 20日現在、乗船予約は国内外合わせて21万2778人(昨年同日比1926人増)。同社は「欠航した場合も、映像で大氷原を航海する気分を味わっていただけたら」と話している。(玲)