人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

屋根から落下など雪害の救急搬送多発

tweet
2017/12/29掲載(北見市/社会)

北見地区消防組合管内 前年上回る9件発生

路上での転倒も22件「対策忘れずに」

降雨後の冷え込みで凍結路面が出現

降雨後の冷え込みで凍結路面が出現

北見地区消防組合管内(北見市、置戸町、訓子府町)で今冬、屋根の雪下ろし中の落下事故など雪害による救急搬送が多発している。また、つるつる路面での転倒によるけがも増え始めており、同組合本部は注意を呼びかけている。

 除雪中のけがなどの雪害事故は、屋根の雪下ろし中の落下4件をはじめ除雪機への巻き込まれ、除雪作業車からの転落など合わせて9件(26日現在)。前年同期間を3件上回っている。負傷者はいずれも50歳以上の中高齢者。

 このほか路上での転倒事故が22件(26日現在)。前年同期間を13件下回っているが、路面状況が悪化した26日は1日に3件発生するなど、冬本番を迎え増加傾向にある。負傷者は50歳以上が20人と全体の9割を占めている。

 同本部によると、大雪後や暖気が入り込んだ後は雪害や転倒事故が多発する傾向がある。屋根の雪下ろしは命綱やヘルメットを着用し、複数の人数で行うなどの対策が必要。   (柏)