人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

私の宝物

tweet
2018/01/13掲載(網走市/社会・本紙連載)

網走・男性(73)

南極地域観測隊の防寒具など「網走の寒さでも大丈夫」
気象台勤務時の部下から贈られ
釣りで使うのは「気が引ける」

網走市の男性(73)の宝物は、南極地域観測隊の元隊員から譲り受けた防寒具などだ。

 男性は元気象台職員。気象台時代、当時の部下から「観測隊員になりたい」と相談を受け推薦書を書いたところ、部下は多くの希望者の中から、第37次南極地域観測隊の越冬隊員(平成8年)に選ばれた。

 退職後も部下との交流は続いた。たまたま男性が「冬の網走で釣りを楽しんでいる」と話したところ、観測隊で使ったブーツ、作業服などを送ってきたという。

 南極の寒さに耐えられるように作られた衣類。「さすがは南極仕様。網走の寒さなど跳ね返す勢いです」と話している。

 ただ、極地で使った道具を釣りで使うのは「気が引ける」といい、「宝物として保管しています」と話している。     (玲)