人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

風に乗り、流氷接岸

tweet
2018/02/09掲載(北見市/話題・本紙連載)

常呂の沿岸にも

四季“いろ撮る”

常呂漁港東側の浜に漂着した流氷

常呂漁港東側の浜に漂着した流氷

北見市常呂の沿岸にも流氷が接岸した。強い風に乗って沖合いから運ばれた白い氷が漂着、厳しい寒さを呼び寄せている。

 網走地方気象台によると、今季の網走の流氷初日は1月28日で接岸は平年と同じ2月2日。常呂の沖合にも白い帯状の氷が確認され、ワッカ原生花園の沿岸や東浜にはぐれ氷とみられる氷が多数漂着している。

 高台を通る国道238号の駐車公園は流氷見物のスポット。観光客らが車を止め冬のオホーツクの絶景をカメラに収めている。 (澄)