人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「おーろら」好調

tweet
2018/02/09掲載(網走市/社会・話題)

網走の流氷観光砕氷船

7日までの乗船客数2万3396人

網走市の流氷観光砕氷船「おーろら」の今季の乗船客数が好調だ。運航する道東観光開発によると、7日までに2万3396人が乗船。平成20年以降で最高だった昨季の乗船客数と同水準で推移している。

 1月20日に運航を開始。1月下旬に荒天のため、4日間欠航(計16便)となったが、7日までの乗船客数は2万3396人で、昨年同期の2万5352人とほぼ同じだ。2日は今季最高の2889人が乗船した。

 昨季に続き、流氷の接岸状況が良好なのが好調の理由。1月28日の「流氷初日」から5日後の2月2日に「流氷接岸初日」を迎え、その後は流氷が海を埋め尽くす日が続いており、国内外の観光客を呼び寄せている。

 同社は「15日からは春節(旧暦の正月)が始まる。中華圏からのお客さまの増加を期待しています」と話している。(玲)