人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

まちづくり推進住民懇談会・全体会議

tweet
2018/03/13掲載(網走市/政治)

網走市のごみ、農大、知床ナンバー…

今後のまちづくりについて市長と住民が意見を交わす、網走市の「まちづくり推進住民懇談会・全体会議」が、市内エコーセンター2000で開かれた。市でまとめた会議録を基に、市民の質問に対する水谷市長の答弁内容を紹介する。(※会議には市側から幹部・管理職員の13人が出席し、市民88人が参加)

水谷市長の答弁紹介

今年度のまち懇・全体会議

今年度のまち懇・全体会議

▽A市民の質問「家庭ごみに石や鉄くずが混入し、処分場の機械が破損するという話を聞いた。事実であれば(市民意識を向上させるため)周知が大事」

▽水谷市長「次年度、ごみ処理施設見学に係るバスの予算を計上しているので現場を見て頂きたい。『百聞は一見に如かず』だと思う」

 -・-・-・-

▽A市民の質問「東農大網走が開学して30年が経過した。今後定員割れをして撤退するということもあるかも。農大をどう取り込んでまちづくりに取り組むのか」

▽水谷市長「元気な高齢者に網走にきてもらうよう東農大と連携して何かできないか検討している。社会人、リタイア組にこの地域に来てもらえるような仕組みづくりをしていくことが若年受験者が減る中でのこの学校の生き残りにつながるものと考える」

 -・-・-・-

▽B市民の質問「知床ナンバーに網走市は参加しないことになったようだが、詳しい経緯について教えてほしい」

▽水谷市長「この協議に乗る最大のポイントは(住民との)合意形成がなされるかということ。(2千人アンケートを実施し)820人の意見を回収した結果、50%が北見ナンバーのままで良いという意見があったことから結果を基に正式な協議会参加を見送った」

 -・-・-

▽C市民の質問「(平成30年度予算案は)観光に軸足を置いた予算配分になっているようにみえる」

▽水谷市長「(外国旅行者の誘客策として)旅行代理店と組みながら現地に赴いてプロモーション活動している。空港民営化が大きなチャンスと考えている」