人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見藤女子高等学校の新校名

tweet
2018/04/03掲載(北見市/社会・教育)

「北見藤高等学校」に

2019年4月から
男女共学化に合わせ

北見藤女子高等学校は2日、2019年4月から学校名を「北見藤高等学校」に変えることを発表した。新校名は男女共学化に合わせ「女子」のみを取り、馴染みのある名称をそのまま残す形になった。

 経営移管協議を進めていた学校法人「藤学園」(永田淑子理事長、札幌)と「北海道カトリック学園」(勝谷太治理事長、札幌)は、3月末の両法人の理事会で承認。同校の「北海道カトリック学園」への経営移管と男女共学化が正式に決定した。

 老朽化した校舎の一部の改築と新築工事を6月に開始。男女共学に向けて普通教室を2、3階に設け、新たに男子トイレを設置する。

 校章、制服、校歌は変更や一部変更。在校生をはじめ、オープンスクールなどで入学希望者の意見も取り入れて検討する。

 また、定員は140人のまま男女とも募集。理数系の強化など、生徒の進路状況に合わせて対応していく考え。

 大坪昌広校長は「地域の方の期待に応えられる学校づくりをしっかりとしていきたい」と話している。 (菊)