人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ハウスに広がる緑のじゅうたん

tweet
2018/04/14掲載(北見市/話題・本紙連載)

玉ねぎ育苗管理、間もなく畑へ

四季“いろ撮る”

ビニールハウス内の玉ねぎの苗

ビニールハウス内の玉ねぎの苗

暖かな日差しがそそぐ北見地方のビニールハウスでは玉ねぎの苗が青々と成長し、緑のじゅうたんが広がっている。間もなく畑へ移植され、農作業も春本番を迎える。

 きたみらい玉葱振興会副会長の男性方(北見市小泉)では2月10日からは種作業を行い、今年は約14ヘクタールで玉ねぎを栽培する。ハウス内は25度前後に保ち、生育状況に合わせた水管理を続けており、順調に進めば定植作業は4月20日ごろという。

 男性は「3月上旬の雨により一部の農家で玉ねぎの育苗に影響が出ました。天候に恵まれる1年になれば」と話している。 (理)