人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市「道の駅」調査結果…

tweet
2018/05/16掲載(北見市/政治・社会)

市議会に報告

地元産野菜や加工品販売が集客の柱に
庁内連絡会議を設置
地域交流拠点施設の検討進める

北見市は、道の駅の実態や課題を調べる「着地型観光推進拠点調査事業」の結果を11日の市議会産業経済常任委員会に報告した。

 北見商工会議所からの道の駅設置要望などを受けて実施。昨年8月から今年3月にかけて伊達市、恵庭市、深川市など道内5カ所の道の駅と1カ所の商業施設を視察したほか、道の駅関係者から聞き取り調査を行った。

 報告では「地元産の野菜や加工品を扱う施設が大きく集客を伸ばしている」という。一方、道の駅は指定管理料として公費が投入されているため「地域経済への波及効果を多角的に分析する必要がある」としている。

 このほか運営上の課題としてイベント開催時の駐車場の狭あい、財源確保、冬期間の集客対策などがあるという。

 今年4月には同会議所と北見市観光協会から地域交流拠点施設(仮称・街の駅北見)の構想提案書が出されており、市は庁内連絡会議を設置し、今回の調査結果をふまえて検討を進める。  (柏)