人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

るべしべ陶の会作品展

tweet
2018/06/13掲載(その他/社会・文化)

共同制作は「レトロなくらし」

17日まで

陶芸サークル・るべしべ陶の会の第30回作品展「土の変貌」が、北見市内のまちきた大通ビル6階市民ギャラリーで開かれている。地元留辺蘂の土をブレンドして作った約180点が並んでいる。17日まで。

 留辺蘂中央公民館の陶芸講座受講生が、昭和61年に結成。北見在住の陶芸家、故・安藤瑛一さんが亡くなるまでの25年間、メンバーを指導した。現在は12人が週に3回集まって活動している。

 会場には土や釉薬にこだわり、「ひも作り」という技法で作ったカップ、皿、花器、オブジェなどがずらり。透かし彫りが美しいつぼも並んでいる。

 恒例になっている共同制作は「レトロなくらし」がテーマ。炭を入れて使うアイロン、水を汲む手押しポンプ、蓄音機など、それぞれ思う“昔の道具”を陶芸で表現した。

 代表は「共同制作は昔を思い出す方も多いと思います。ぜひ見てもらえたら」と話している。(菊)