人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美幌町29年度予算案

tweet
2017/02/23掲載(美幌町/政治・社会)

一般会計13年ぶり110億円超え

美幌町は20日、29年度予算案を発表した。一般会計は前年度当初比9.8%増の110億5275万円。町民会館改築事業に9億6093万円を計上したことで13年ぶりに110億円を超えた。5つの特別会計、2つの企業会計を含めた総額は同4.7%増の207億5956万円となった。

町民会館改築9億円計上で
130年の節目 新たな一歩に向け

予算案の概要を説明する土谷町長

予算案の概要を説明する土谷町長

一般会計の歳入は、町税を同0.8%増の22億567万円、地方交付税を同0.5%減の38億2千万円と見込んだ。町債は町民会館改築などで同134.1%増の16億1840万円を計上した。

 歳出の主な事業では役場庁舎耐震診断委託料に914万円を計上。庁舎改築基金は28年度中に2億円を積み立てる。

 30年度に建て替える東町集会室は、実施設計委託料288万円を計上。敷地内の職員住宅は解体する。

 「130年」関連では10月発行予定の130年史編さん事業費914万円のほか、記念事業費を計上。福祉避難所は簡易ベッドなど備蓄品の充実に206万円を投じる。

 乳がん、子宮頸がん、大腸がんの検診を同じ日に受けられるレディース検診を年4回、新たに実施するため621万円を計上。整備を検討する合同納骨塚は先進地を視察する。

 観光では美幌峠レストハウス2階のキッズスペース新設、トイレの改修などに5千万円を投じるほか、雲海予測情報をインターネットで発信する委託料も計上した。

 昭和49年の建設から42年が過ぎた消防庁舎は29年度に基本構想・基本計画を策定。着工は32年度の見通し。

 芸術文化観賞事業負担金は、びほーるが5周年を迎えることから拡充する。

 屋内多目的運動場は先進地を視察。基金はパークゴルフ場を含めた整備基金から約1億4千万円を組み替える。

 土谷耕治町長は「本町は130年の節目。新たな一歩を踏み出す重要な1年。限られた予算の中、住民福祉の増進、行政サービス向上に最大限努力する」と述べた。  (浩)