人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

フリーペーパーの発行 日刊情報誌 チラシのポスティング 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 市議会ってなぁに? (完)

tweet
2017/03/08掲載(網走市/政治・本紙連載)

網走市政に関心を

この連載は、市民から記者に寄せられた「市議会ってなあに?」という声をきっかけに始めました。これまでの取材で、見て・聞いて・議論してきたことをベースに、「市議会とは」「市議とは」という疑問にちょっとだけ答えてきたつもりです。連載の最終回は、開会中の3月定例市議会の“見どころポイント”も改めて紹介します。(大)

水谷市長に議論挑む姿に
市議としての“志”感じて
最終チェックは市民のあなたが

3月定例会で審議される予算案を発表する水谷市長(前列中央)

3月定例会で審議される予算案を発表する水谷市長(前列中央)

■志

 網走市議は市民に最も身近な政治家。網走の有権者の皆さん、平成27年4月の市議選で誰に投票したか覚えていますか?

 道内のあるまちの首長を10年以上務めた男性は、首長や市町村議員に最も必要なものは「志」だと教えてくれました。

■経済低迷

 網走商工会議所や網走信用金庫の調査結果によると、網走市の景気動向は良くありません。人口が減少の一途をたどる中、市民よりも一歩、二歩先を行く視点でまちの課題を見つけ、解決策を講じようとする熱意が、市議の「志」だと解釈しています。

■ポイント

 3月定例市議会のポイントの1つは、水谷洋一市長と市議会各会派の代表者が議論する〔代表質問〕(9、10日)。ある会派は、市役所の提案議案の一つ〔「観光部」を「観光商工部」に改める〕件について質問するらしい。現在の観光部は、水谷市長の肝いりで平成24年度に創設されているからです。

 予算等審査特別委員会も重要。無会派の市議も質問でき、市税やふるさと寄付金など網走市役所に集まった公的なお金が〔網走市民のために〕〔適正活用されているか〕を議論する場であるからです。

 ある網走市議は「29年度予算案では日体大関連の予算規模が大き過ぎるので質問したい」と言っていました。別の市議は「『観光部』をなくしてからの観光振興策について質問する予定」と取材に応じてくれました。

■録画でゆっくり

 3月定例市議会の代表質問、または予算委員会のやりとりは映像に記録されます。網走市議会のホームページでは録画も閲覧できるので、ネット環境が整っていれば、いつでも、好きな時間に見られます。

 行政をチェックする市議をチェックするのは、網走市民ですよ。