北見 網走 経済の伝書鳩==オホーツク特選街

北の暖暖

【オーベルジュ・北の暖暖】

住所:北海道網走市大曲39-17

TEL:0152-45-5963

FAX:0152-45-5995

URL:http://www.only-hotsk.com

facebook:こちらをクリック

◆「北の暖暖」とは…

【オーベルジュ・北の暖暖】

【あなたの実家でありたい】

夷地がとん田兵により開拓され百三十年余り、まったくの自然の大地先人たちはどんな思いで入植したのだろうか?そんな北海道の東の涯に貴方の帰る実家がある。

 

『ただいま』そこにはおやじやおふくろがいて、兄貴がいて妹がいる。この懐かしいにおい久しぶりにゆっくりくつろぐか飾らない言葉に心はおちつく。

 

『ゆっくりしていけや』北の暖暖とはそんな宿です。


【談笑】

豊かな自然と食の文化を広げるために料理の工夫やホスピタリティ(接客姿勢)を大切にしたホテルづくりを私たちは目指しています。

 

オホーツクの旬を食す語らいの宿をコンセプトとした当館で楽しいひとときを贅沢に感じて頂ければ幸いに存じますぜひお越しくださいますようお待ち申し上げております。


【自然に抱かれる癒しのひととき】

都会の雑音から抜け出しゆっくりのんびり網走湖畔から湧出する天然温泉は、旅の疲れの心も躰もも癒してくれます。

 

刻々と姿を変えるオホーツク海四季折々の北の大地の表情露天風呂からのその眺めはまさに値千金で清々しい空気。

 

そして水面に映る夕陽は感動の一言心ゆくまで湯に浸かり恵まれた大自然の中でリフレッシュ「贅沢な気分だね」「来て良かったね」が私たちの明日からのやる気です。


【オホーツクは食材の宝庫】

カニ、ホタテ、鮭、ホッケ、そしてメロン、ジャガイモ、アスパラ、ともうもろこし、あらゆる北海道を代表する食材が北の暖暖にはあります。


【オーベルジュ・北の暖暖】

 

◆はうすのご案内

【オーベルジュ・北の暖暖】

【北海道開拓の息吹を伝える、屯田作りの宿】

素人のアイデアがいっぱい。

 

この地に屯田兵が入植して約135年、うっそうとした原始林からこんなに豊かな大地に開拓された先人に感謝をこめ、当時の屯田造りをイメージしてみました。

 

この地は北海道でも珍しい川港「河川を港として利用」として栄え、世界三大漁場の玄関口として発展してきました。年間の温度差が60度を超えるこの地方の木には独特の杢目(もくめ)が表れます。

この地は日本でも有数な銘木の産地で、ミズナラ、ハリセン、キハダ、ヤチダモ、マカバ、カツラ等などたくさんの広葉樹が自生しております。北の暖暖ではヤチダモ、ミズナラの銘木をふんだんに使用した造りになっており、皆様に木の持つ温かさで、心が癒されればと考えております。

◆館内のご案内

この地は、明治初期に入植してきた屯田兵たちによって開拓されました。北の暖暖は当時のストーブを囲む屯田づくりの宿で皆様をお迎えいたします。この地方は自然環境に恵まれ、一年を通して新鮮な感動が体験できます。私たちはこの環境を傷つけることなく、皆様に感動をご提供いたします。

◆お部屋のご案内

この地は日本でも有数の銘木の産地で、たくさんの広葉樹が自生しています。 北の暖暖では無垢の銘木をふんだんに使用した部屋造りにこだわりをもっています。木のぬくもりに包まれたゆったりとした時間をお楽しみください。

◆お風呂のご案内

都会の雑音から抜け出しゆっくりのんびり、網走湖畔から湧出する天然温泉は旅の疲れの心も躰も癒してくれます。刻々と姿を変えるオホーツク海、四季折々の北の大地の表情。露天風呂からのその眺めはまさに値千金で、清々しい空気、そして水面に映る夕映えは感動の一言。


【産廃の木くずを燃料とした施設の給湯・暖房】

施設の給湯、暖房に、木質バイオマスである廃木材や木チップ材、及び木質ペレットを燃料として使用し、ロストルストーカー方式燃料装置で完全燃焼させ、温水ボイラー及び廃熱交換器で温水に変換し、利用します。これがオホーツク地方でも珍しい施設であり、公害規制値を大幅にクリアし、自然にやさしくCo2削減にも貢献できる設備です。

 

生ごみは発生した場所で生ゴミ処理装置で肥料化をし、自家肥料として、有機栽培等に使用されゴミとして外部に排出されません。有機栽培された作物は当オーベルジュで使用し、完全な食物リサイクルを形成します。


【オーベルジュ・北の暖暖】
【オーベルジュ・北の暖暖】

 

◆レストラン

【オーベルジュ・北の暖暖】

【究極の素材が、料理をハイグレードに】

オホーツクの海は世界3大漁場の1つであり、厳寒の海で育った魚介や寒暖の差が大きい地で身を結んだ創作物。

 

これらの食材が豊富にそろったオホーツクの大地に、もっと人々が集まり食を囲みながら語らいの時間を満喫してもらいたい。そして山海の幸が織り成す旬の味覚こそ、贅の真骨頂という事を感じてほしい。

 

オホーツク地方ならではの、旬を大切にした食材をふんだんに取り入れ、素材が持つ味わいが一層ひきたつよう趣向を凝らした独創的な料理と、お客様の表情がほころぶくつろぎの時間を心からのおもてなしをもってご提供致します。


【オーベルジュ・北の暖暖】

 

北の暖暖